お薬辞典~タミフルとは~

「タミフル」はインフルエンザの治療や予防のために投与される薬で、日本では世界消費量の約75%を占めている有名な薬です。当サイトでは効果や使用方法、注意点などご紹介します。

タミフルとリレンザ使用後に起こる初期症状

近年では、医療現場で一般的に処方されるようになったタミフルですが、登場時にはとても話題になりました。
話題性が高かったので、タミフルという名前は多くの方に知られているものの、効能などに対し精通している方というのは少ないとされてます。
そもそも、タミフルというのは通称ではありません。
一社の製薬メーカーから販売されている薬の商品名で、体内のウイルスを増殖させない効果があります。
体内に投薬することにより、症状を現状よりも悪化させることなく、症状を抑制させウイルスが潜伏する期間を短くすることができます。
ただし、投薬の仕方については注意点があります。
それは、インフルエンザウイルスが増殖していく頃に飲まなければ、効果が期待できないという点です。
タミフルというのは、服用したからといって、即座に効果が得られるような即効性は、持ちあわせていません。
症状が発症してから、48時間以内に飲まなければ、意味が無いのです。
さらに、インフルエンザのA型やB型に対しては十分効果が発揮されるものの、C型や一般的な風邪に対しては全く効果がありません。
こうした、タミフルの服用の仕方というのは、大人と幼少時で異なります。
大人であれば、白色と黄色のカプセルタイプの薬剤が用いられますし、幼少時であれば、ドライシロップが用いられます。
大人と幼少時で、方式は変わるものの、どちらの場合も体重で計算されて処方されるという点は同じです。
このような飲み方を、1日2回行い3日間から5日間継続していきます。
こういったタミフルの飲み方というのは、健康体の成人による研究結果から算出されたものなので、実際に服用する場合には医師からの指導を優先させてください。