低位株などの種類と注目株の選び方

株の数値とビジネスマン 株式に投資しようと考えた場合、東京証券取引所第一部、第二部、マザーズなど市場も複数あるうえに、株価も各企業によってばらばらであり、どの企業の株を購入するのがよいか迷うこととなります。
まずは、株価の水準によって区分される株の概念を把握し、その特徴を踏まえた上で投資先となる個別の企業の選別をしていくとよいでしょう。
その株価の水準によって分類される概念として、まずボロ株があります。これは、一株あたりの株価が100円以下の会社の株のことをいいます。
このような価格になるには、企業業績の不振に伴う赤字決算等や不祥事が原因となることがあり、倒産リスクもある会社という評価もできます。
しかし、これより安くなることは限られているので倒産を避けて新たな業務提携等のニュースが出れば株価が跳ね上がるのでそのような目的で投資する株といえます。
次に、低位株です。これは、ボロ株より価格が高く一株あたりの株価が500円以下の銘柄のことを指します。
このような価格となっている原因はボロ株と同じ理由に加え、株式を発行しすぎて一株あたりの価値が希釈化してしまった場合があります。
大手都市銀行などでもこの水準にある会社もあるのです。この低位株は倒産リスクはボロ株より低減する上に、業務提携や新規事業により値上がりが期待できる銘柄ということがいえます。
これより高額になると市場の平均価格程度位で500円より高く3000円以下程度の銘柄を中位株といいます。
低位株と比較して財務等が安定してきます。そしてこの中位株の金額より高額な株を値嵩株といいます。
値嵩株となると、企業は安定していても投資単位が大きくなりすぎて低位株や中位株と比較し手が出しにくくなるといった側面があります。
また、会社の時価総額や株式の流動性で測る分類もあります。株価と発行済株式総数を掛けた時価総額と流動性を考慮し、東京証券取引所においては、これらが高いトップ100銘柄を大型株、400位までを中型株、それ以外を小型株という分類にしています。
特に流動性は、買ってしまった銘柄を売りたいときに売れるかに関わってくるので利益をえるためには留意しておく必要があります。

話題性がある株は上がりやすいが落ちやすいことも

これらの分類を踏まえた上でどの銘柄に投資するかを考える際には、企業の安定性や売りたいときに売って利益確定しやすいという観点からは、大型株から考えていき、小型株は避け、その中で株価が比較的安いものを探すのがよいといえます。
しかし、ボロ株や低位株のような株価を付けている銘柄でも将来の経済動向によっては注目株として留意しておく必要があります。
例えば、AI投資に関する分野、ロボットメーカーなどはすでに注目株としてあげられてしまっている感はありますが、そこに提供する赤外線センサーなどの技術を納入するメーカーなど、パーツとしてコアな技術を持つ企業という点に着目して企業を探してみるといった視点もよいでしょう。
AIが普及すればそのパーツも売れていくといった関係にあるからです。また、昨今の日本の国家予算で伸びが期待されるのが軍事関連予算です。
世界的に見ると防衛費はGDPの2%が潮流なのに対して、日本は1%を超える程度で推移しています。米国との関係や北朝鮮の動向などからして予算拡大が見込まれる分野です。
軍需製品の技術をもっている会社などに着目してみるとよいと思われます。しかし、これらの注目株については、新規技術の発表などで話題をさらい株価が急騰したとしても、その人気がいつまで続くかわかりません。
その急騰した株価は実体をあらわすものではなく話題性に着目した買いがされているだけという側面があります。実体が話題性に追いつかないと判断された場合には容赦なく売られて利益確定されてしまいます。
とすると、急騰し、急落するという株価の推移をたどるのです。ですので、話題性を基準に考えて投資する場合には、このリスクがあるので利益確定ラインをあらかじめ決めておき、そこに到達すると利益確定して逃げるという対応も必要となるでしょう。