お薬辞典~タミフルとは~

「タミフル」はインフルエンザの治療や予防のために投与される薬で、日本では世界消費量の約75%を占めている有名な薬です。当サイトでは効果や使用方法、注意点などご紹介します。

処置方法としてタミフルでインフルエンザ細菌を減少

発熱や、咳、鼻水など風邪様の症状があり、受診するとインフルエンザにかかっていたと判明することがあります。
抗インフルエンザ薬として、タミフルがあります。しかし数年前から異常行動など、重篤な副作用があるということも報道されており、タミフルを処方されても飲むのをためらわれる方も多いのではないでしょうか。
タミフルのほかに、抗インフルエンザ薬として、リレンザやイナブルなど吸入タイプの薬もあります。例えば喘息などで吸入に慣れている方にとっては扱いやすいですが、吸入タイプの薬が初めての方には難しいことでしょう。またインフルエンザに効果があるとして、漢方薬の処方をされる病院もあるようですが、苦みのあるものが多く、飲みにくいものです。
タミフル等の抗インフルエンザ薬は、熱が出てから48時間以内に使用を始めるとインフルエンザ菌を減少させるのに効果があると言われています。服用して異常行動が出るのではと副作用も気になるところですが、効能も含めて医師の説明をよく聞いて判断することが重要です。もし服用することがどうしても心配ならば、自然治癒を目指すことも選択肢の一つでしょう。
タミフルは内服薬のため、容易に服用することができます。また、インフルエンザ細菌を短期間で減少させることができるため、日本国内ではその効果が認められ、一定の評価を得ています。副作用が出ているということにばかり注目せず、医師に相談しながら自分で治療方法を選択することが重要です。仕事が休めなかったり、育児中で子供になるべくうつしたくない、という方もおられることでしょう。早く治癒する方法のひとつに、タミフルの服用があるということを知っておくと良いでしょう。